2018年09月30日

喜多山駅周辺高架化工事 2018年9月29日現在の様子

喜多山駅周辺高架化工事の2018年9月29日現在の様子です。

8月末頃からボーリング調査が実施されていましたが、それも完了したようで調査用の機材は撤収しました。
続いて線路側の防護用の仮設柵の設置と道路側への壁の設置が進められています。

20180930-04.jpg

【関連記事】喜多山駅周辺高架化工事 2018年9月29日現在の様子
posted by Dora at 16:07| 高架化工事

2018年09月10日

喜多山駅周辺高架化工事 2018年9月9日現在の様子

喜多山駅周辺高架化工事の2018年9月9日現在の様子です。
旧上り線のレールとホームの撤去完了後はしばらく動きが無かった高架化工事ですが、8月末頃より再び作業が開始されました。

20180910-01.jpg

現在高架化予定地の6ヶ所ほどにボーリングマシンが設置され、地盤調査が実施されているようです。

20180910-02.jpg

小幡5号踏切周辺では上り線横に防護用の仮設柵の設置が進められています。
posted by Dora at 19:58| 高架化工事

第87回 せともの祭開催

2018年9月8日・9日の2日間、尾張瀬戸駅周辺で第87回せともの祭が開催されました。
一時大雨が降るなど天候には恵まれませんでしたが、多くの来場客でにぎわいました。

20180909-01.jpg

【関連記事】2018年 第87回せともの祭開催

posted by Dora at 19:44| イベント

2018年08月10日

4002F定期検査、車体洗浄実施

2018年6月上旬より営業運用から離れ尾張旭検車区で定期検査が実施されていた4002F。
その定期検査が終了し7月30日より営業運用に復帰しました。
1週間ほど運用された後に今度は車体の洗浄とコーティングのため再度検車区に入場。
8月10日より綺麗な姿になって営業運用に戻りました。

20180810-01.jpg
▲検車区で車体の洗浄作業中の4002F 2018年8月5日

20180810-02.jpg
▲綺麗な姿となり運用復帰した4002F 2018年8月10日
posted by Dora at 21:27| 車両

2018年08月09日

4004Fに栄町駅乗り入れ40周年記念ヘッドマーク貼り付け

2018年8月9日より4004Fに栄町乗入れ40周年記念ヘッドマークが掲出されました。
2015年に実施された瀬戸線開業110周年記念のヘッドマークと同様のステッカーとなっています。

20180809-01.jpg

20180809-02.jpg

栄町方の4104には楕円形のマーク。
瀬戸線のイベントではおなじみとなっている版画家水野ア一さんのデザイン。

20180809-03.jpg

瀬戸方の4004は瀬戸市出身の藤井聡太七段にちなんで将棋の駒をかたどったマークとなっています。
posted by Dora at 19:59| イベント