2018年05月03日

旭前南口駅舎外装リニューアル工事実施中

2018年3月にバリアフリー化工事と北口が完成した旭前駅ですが、従来のままであった南口駅舎の外装リニューアル工事が開始されました。

20180503-03.jpg

現在駅舎の周りに工事用の足場と覆いが設けられて駅舎外装の工事が進められています。

20180503-04.jpg

北口の駅舎デザインに合わせた外装となるようで、上部はダークブラウンのレンガ調の外壁になっているのが確認できました。

20180503-05.jpg

尾張旭市によって建設が進められている南口の公衆トイレもほぼ出来上がっており、近々利用開始になりそうな雰囲気でした。
posted by Dora at 20:58|

2018年04月02日

尼ケ坂駅エレベーター使用開始

尼ケ坂駅で2017年11月から実施されていたエレベーター設置を始めとした駅バリアフリー化工事が終了し、2018年3月30日10時よりエレベーターの使用が開始されました。

20180402-01.jpg


【関連記事】尼ケ坂駅エレベーター使用開始
posted by Dora at 22:22|

2018年03月28日

旭前駅北口完成 使用開始

旭前駅に建設が進められていた北口駅舎とバリアフリー化工事が完成し、北改札口の使用が2018年3月28日10時より開始されました。

20180328-01.jpg

【関連記事】旭前駅北口完成 使用開始
posted by Dora at 22:01|

2018年03月19日

印場駅駅名ローマ字表記変更

印場駅駅名看板等に記入されているローマ字表記は開業時より「INBA」を使用してきましたが、近年になりヘボン式の「IMBA」を使用するように変更が行われています。
2016年9月から運用が始まった3306Fから車内のトレインビジョンの表記で「Imba」を採用、2017年3月からは4000系のトレインビジョンの表記も変更が行われました。
最近になり印場駅の駅名看板も「IMBA」に変更が行われているのを確認しました。

20180319-01.jpg
▲2018年3月19日撮影

駅側壁に掲出されている大型の駅名看板はローマ字部分だけ修正が行われています。

20180319-02.jpg
▲2018年3月19日撮影

ホームの駅名標は更新が行われました。
隣接する駅名にもローマ字が入っているタイプに交換されています。

20180319-03.jpg
▲2018年3月17日撮影

隣の旭前駅の駅名標も「INBA」から「IMBA」に変更されています。

20180319-04.jpg
▲2018年3月17日撮影

大森・金城学院前駅の駅名標も更新が行われました。
それに伴い電照式から光らない通常のタイプに変わっています。

20180319-05.jpg
▲2018年3月18日撮影

ホームに立てられていた駅名標は各駅で撤去されています。
posted by Dora at 21:10|

2018年03月04日

旭前駅北口新設工事 2018年3月4日現在の様子

北口の新設などの駅改良工事が進行中の旭前駅の2018年3月4日現在の様子です。
現在は北口駅舎の建物の建設が進んでいます。
駅舎には外壁が取り付けられ内装工事も進んでいるようです。
北口駅舎外観は名古屋本線富士松駅南口など最近建設された駅施設と同様のツートンカラーのデザインとなるようです。

20180304-01.jpg

建設が進み外壁が出来てきた北口駅舎。
ホームとは階段とスロープで繋がります。

20180304-02.jpg

内装工事も進んでおり、自動精算機を設置するスペースが出来つつあるようでした。

20180304-03.jpg

南口となる現駅舎もスロープ工事が進んでおり、屋根の鉄骨が組まれました。
posted by Dora at 21:55|